急激に需要の増えている女性用育毛剤について。口コミや効果で人気の育毛剤をピックアップ!その他にも年代別や部位別、お試しタイプなどのおすすめ、育毛剤以外の薄毛対策なども解説しています。
育毛剤と言えば男性用がほとんどでしたが、最近では女性用育毛剤の市場規模もかなり大きくなっています。薄毛の原因にはストレス、ダイエット、ホルモンバランス、加齢などがあり、多くの女性用育毛剤が販売されています。ここでは、女性育毛剤を選ぶポイント、売れ筋や年代別、目的別の育毛剤を紹介します。

女性育毛剤を選ぶポイント



髪の毛は毛根にある毛母細胞が分裂を繰り返すことで作られます。そのため、毛母細胞に栄養分を届ける必要があります。女性育毛剤の効果には血流改善、毛根活性化、頭皮ケア作用があり、ボリュームアップや抜け毛対策に欠かせません。

女性用育毛剤には非常に種類が多くあります。そのため、ここでは女性育毛剤を選ぶポイントについて紹介ます。

(1)血行促進、代謝促進成分が入っていること
(2)頭皮ケア成分が配合されていること
(3)低刺激であること
(4)返金保証がついていること
(5)続けやすい価格であるか

女性育毛剤を選ぶ際には、これらポイントが大切になります。それぞれのポイントについて詳しく説明します。

血行や代謝促進成分を配合しているタイプ



女性の薄毛はホルモンバランスや加齢などによる毛根の活動低下で発生します。薄毛や抜け毛対策の育毛剤選びで最も重要なのが「配合成分」です。

育毛剤を選ぶ際には、血流改善のある生薬などの成分、代謝を促進する成分などが重要です。血行不良になると、毛根の成長に必要な栄養が不足します。その結果、髪のハリ・コシの低下、抜け毛などを引き起こします。

<<血流改善成分>>
センブリエキス、ニンジンエキス、酢酸トコフェロール、ピディオキシジル、ニコチン酸アミドなど

<<代謝促進成分>>
ミツイシコンブエキス(M-034)、ペプチド、キャピキシル、リデンシル、プラセンタエキス、アデノシン、パンテノールなど

頭皮ケア成分が配合しているタイプ



育毛剤を選ぶ際には頭皮ケア成分も重要です。紫外線、加齢、カラーなどは頭皮にダメージを与え、フケ、かゆみ、赤みの原因となります。頭皮が乱れると毛穴がつまり、髪の毛の成長力も低下します。

頭皮トラブルの改善には、炎症を抑える成分や保湿成分、殺菌成分などを含んだ育毛剤が有効です。

<<抗炎症成分>>
グリチルリチン酸2k、ジフェンヒドラミン塩酸塩、アラントイン、カミツレエキス、エイジツエキス、ビワ葉エキスなど

<<殺菌成分>>
ヒノキチオール、サリチル酸、イソプロピルメチルフェノール、ドクダミエキスなど

<<保湿成分>>
ヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸、サクラエキス、豆乳発酵液など

低刺激タイプかどうか



女性は男性に比べ乾燥肌、敏感肌が多いため、低刺激の育毛剤がおすすめです。低刺激とはできるだけ添加物の少ない育毛剤です。

香料、着色料、パラベン、鉱物油、石油系界面活性剤、シリコンなどの添加物は頭皮のかぶれ、赤みなどを引き起こす事があります。

●ヘアカラーにはアルコール(エタノール)フリー
ヘアカラーをしている場合、アルコール(エタノール)フリータイプがおすすめです。アルコール配合の育毛剤を使用すると、ヘアカラー後1週間程度は色落ちすることがあります。

ただ、アルコール(エタノール)はデメリットばかりではありません。汚れを取り除く働き、頭皮を引き締める作用、菌の繁殖を抑える働き、爽快感などがあります。多くの女性育毛剤に含まれるエタノールは5%程度です。保湿成分も配合されているため、頭皮の水分が必要以上に奪われる事はありません。

返金保証、続けやすい価格かどうか



女性育毛剤を購入する際のポイントに返金保証と価格があります。返金保証付きの育毛剤は、初めて使用する際に安心です。頭皮にあわない場合、一定期間使用しても効果がない場合、返金してもらえます。

価格に関しては継続しやすいかどうかがポイントです。定期購入で購入すると単品購入よりも安く購入することが出来ます。また、育毛剤によっては初回お試し価格で試せるタイプなどもあります。

年代別、原因別の女性育毛剤

20代女性におすすめの育毛剤



女性ホルモンの分泌量はピークに向かう20代ですが、薄毛に悩む女性が急増中。過度のダイエットによる栄養不足、ストレスによる血行不良、パーマやカラーによる炎症、カブレにより抜け毛が増えます。

20代女性の薄毛対策には、血流改善作用のある生薬をはじめ、頭皮の乾燥や炎症などを抑える植物エキスなどを配合した育毛剤を選ぶことが大切です。

30代女性におすすめの育毛剤



30代になると職場や家庭でのストレス、睡眠不足による脱毛が増えます。その他、産後の抜け毛が回復しないケースや女性ホルモンの減少によるボリュームの低下なども見られます。

30代女性の薄毛対策には、睡眠不足解消やストレス解消などに加え、育毛剤を使用することがおすすめです。血流改善作用や細胞活性化作用のある育毛成分、頭皮の炎症などを抑える成分を配合したタイプが有効です。

40代女性におすすめの育毛剤



女性ホルモンの減少やストレスなどによる薄毛が目立ちはじめます。血行不良や代謝低下により、毛母細胞の働きが低下。その結果、髪が細くなったり、地肌が透けてきたりします。

40代女性の薄毛対策は正しい食生活、睡眠不足の解消に加え、育毛剤を使用することをおすすめします。食生活が乱れている時はサプリメントの併用も有効です。血流改善作用のある生薬に加え、ホルモンバランスにアプローチするイソフラボン成分などを配合した育毛剤が育毛をサポートします。

50代女性におすすめの育毛剤



女性ホルモンの減少に加え、加齢による代謝低下によるボリューム感の低下が多く見られます。頭皮の乾燥も見られ、シャンプーなどが肌にあわなくなり、炎症などを起こすこともあります。

睡眠不足の解消や食生活の改善に加え、サプリ、育毛剤を併用するのが有効です。更年期症状がつらい時は漢方の導入もおすすめ。育毛剤はイソフラボン成分、血流改善成分、細胞活性化成分を配合したタイプが最適です。

つむじや頭頂部が薄いと感じたら



頭頂部、つむじが薄いのは毛母細胞の活動が低下しているためです。毛母細胞の下には無数の血管があり、栄養や酸素を毛根に届けています。しかし、血行不良になると栄養が不足して薄毛が進行します。

つむじの薄毛対策には育毛剤の使用が有効です。血流改善作用のあるセンブリ、酢酸トコフェロール、ニコチン酸アミド、細胞活性化作用のあるM-034(ミツイシコンブ)、サイトプリンなどを配合した育毛剤がおすすめです。

生え際の薄毛対策と育毛剤



女性の生え際の薄毛はFAGAとも呼ばれています。女性ホルモンが減少する40代以降に多いのが特徴です。男性ホルモンが優位になることで髪の毛が軟毛化し、頭皮が透けて見えるようになります。

エストロゲンの減少が関係しているため、イソフラボンをしっかり摂る食事改善が大切です。血流改善作用のある生薬、ダイズエキスやヒオウギエキスなどのイソフラボン成分、細胞活性化成分などを配合した女性育毛剤がおすすめです。

お試しできる女性育毛剤



お試し育毛剤は初回限定で安く購入できます。女性育毛剤は3ヶ月は使用しないと効果はわかりませんが、頭皮に合わない場合があります。また、ニオイやべたつきなど、使用感が合わない場合などもあります。

初回お試しタイプや返金保証付きタイプの女性育毛剤の種類も増加中。「まずはどんな育毛剤が試してみたい!」という方に最適な育毛剤を紹介します。

産後の抜け毛



●女性ホルモンのバランスが原因

出産後の抜け毛は分娩後脱毛症と呼ばれ、産後の多くの女性が経験する脱毛症です。分娩後脱毛症の原因は女性ホルモンのバランスにあります。妊娠後期に女性ホルモンの分泌が増加して髪の毛の成長期が続きます。

出産後は女性ホルモンの分泌量が元に戻ります。産後2ヶ月程で成長期を維持していた髪の毛が抜けてきます。最初はビックリするかもしれませんが、産後の抜け毛は1年くらいで落ち着いてきます。2度目の出産や高齢出産の場合、薄毛がなかなか戻らないかもしれません

産後に過剰にダイエットをすることも脱毛症を長引かせる原因となります。栄養が不足すると髪の毛の成長力が低下します。亜鉛や鉄分が不足すると抜け毛が増えます。

●育毛剤や栄養摂取で抜け毛対策

産後の抜け毛対策では低刺激の育毛剤をおすすめします。授乳中にリアップなどの刺激のある育毛剤を使用することはできません。無添加にこだわった育毛剤にはマイナチュレやミューノアージュ、ベルタ育毛剤などがあります。血流改善、頭皮環境の改善作用のある生薬などを配合し、産後の抜け毛対策をサポートします。

その他、産後は栄養をしっかり摂る事も欠かせません。特に授乳中は葉酸や鉄分などはしっかり摂るようにします。その他、お肉や大豆に含まれるタンパク質、髪の毛を作るのに欠かせない亜鉛なども大切です。

更年期の薄毛対策



●原因はエストロゲンの減少
更年期の薄毛は女性ホルモン「エストロゲン」の減少が引き起こします。エストロゲンが減少すると、頭皮の血行が悪くなり乾燥しやすくなります。その結果、ヘアサイクルが乱れてしまいます。血行不良により毛乳頭や毛母細胞に送られる栄養が減少すると、毛髪の成長力も低下してきます。

●更年期には血流改善、ホルモン対策
女性ホルモンが減少すると代謝が低下します。更年期の薄毛対策では血流改善によって毛乳頭、毛母細胞に栄養を送ることが重要です。そこで血流改善作用のある育毛剤を使用します。血流改善にはミノキシジル、センブリエキス、セファランチンなどの成分が有効です。

ホルモン対策にはイソフラボンの摂取も重要です。イソフラボンには女性ホルモンに似た作用があり、代謝を促進する作用や更年期症状の緩和作用もあります。イソフラボンと同じように女性ホルモン作用のある栄養素にはプエラリア、ザクロなどもあります。

また、プラセンタも更年期の薄毛対策におすすめです。プラセンタには毛髪の原料となるアミノ酸をはじめ、細胞を活性化する成長因子や核酸などが豊富です。更年期症状の緩和作用もあります。

その他の悩み別女性育毛剤

10代

10代女性の薄毛対策について。円形脱毛症やストレスなどが原因の薄毛対策、おすすめの育毛剤について紹介。
10代女性育毛剤

60代

60代女性の薄毛対策について。代謝や血流が低下する閉経後の薄毛におすすめの育毛剤、栄養素などを紹介。
60代女性育毛剤

産後脱毛

睡眠不足や母乳などによる栄養不足、ホルモンバランスの乱れなどにおる産後の薄毛対策、育毛剤について。
産後 育毛剤

細毛対策

年齢と共に髪の毛は細くなります。ストレス、血行不良、ホルモンバランスなどによる細毛の改善について。
細毛用育毛剤

お試し

初回お試しで手軽に購入できる女性育毛剤について。頭皮に合う、合わないを確認したい女性におすすめ。
お試し女性育毛剤

ハリ、コシ対策

血行不良や女性ホルモンなどの影響によって発生するハリ、コシの低下を改善する方法、育毛剤について。
ハリ、コシ用育毛剤

成長因子

IGF、FGFなど、毛母細胞の活性化作用をサポートするタンパク質を配合した育毛剤の特徴、効果について。
成長因子の育毛剤

更年期

40代以降の女性ホルモンの減少で発生する薄毛、抜け毛対策について。ホルモンバランス改善などを解説。
更年期薄毛対策

返金保証付き

返金保証付きの女性育毛剤について。頭皮に炎症やかぶれがでやすい人には返金保証付きがおすすめ。
返金保証育毛剤

無添加育毛剤

香料やパラベン、石油系界面活性剤などの刺激成分をはじめ、アルコールなどが無添加の女性育毛剤。
無添加育毛剤

つむじ 薄い

つむじの薄毛対策について。つむじが薄くなる原因をはじめ、対策やおすすめの女性育毛剤について。
つむじ 育毛剤

分け目の薄毛

頭部の分け目の薄毛対策について。薄毛になる理由をはじめ、薄毛対策とおすすめの育毛剤について。
分け目 育毛剤

ドラッグストア

ドラッグストアで人気の女性用育毛剤について。特徴や効果、成分、口コミなどについて紹介。
ドラッグストア育毛剤

サプリメント

薄毛対策におすすめの育毛サプリメントについて。サプリメントの成分、効果などについて。
育毛サプリメント

クリニック

薄毛治療クリニックについて。クリニックでの治療内容や料金などについて紹介します。
薄毛治療の病院

白髪対策

白髪の原因、対策について解説。さらに、白髪染めの種類、おすすめの白髪染めについて。
白髪対策


女性の薄毛 原因と対策

女性の薄毛の原因



1,ホルモンバランスの変化
40代、50代の薄毛の原因となるのが更年期による女性ホルモンの低下です。女性ホルモンには血流改善作用、細胞活性化作用、保湿作用などがあり、髪の毛の成長に欠かせません。最近では30代後半でもプレ更年期と呼ばれ、毛髪のハリやコシが低下する女性が増えています。

2.加齢、血行不良
血行不良も薄毛の原因となります。血液に含まれる栄養や酸素が不足すると、毛母細胞の活動が低下するためです。血行不良の要因は加齢、ストレス、冷え、タバコ、食生活などが考えられます。

3.頭皮環境の悪化
乾燥や炎症などの頭皮環境の悪化は、毛髪の成長低下の原因となります。合わないシャンプー、スタイリング剤、パーマ、ヘアカラー、紫外線などが頭皮の炎症や乾燥を引き起こします。、

女性の薄毛を改善する方法



女性の薄毛の多くは「びまん性脱毛症」です。頭頂部あたりから広い範囲で薄くなり、頭皮が透けてきます。びまん性脱毛症の原因は老化による代謝の低下、ホルモンバランスの乱れ、ストレスによる血行不良などがあります。ここでは女性の薄毛を改善する方法について紹介します。

●代謝促進
代謝の促進には血流改善作用のある育毛剤、ミノキシジル配合のリアップなどが有効です。血液に含まれる栄養が毛乳頭に送られると、毛母細胞も活性化します。毛母細胞を活性化するIGF、KGFなどの成長因子を配合した育毛剤もあります。サプリメントや食事で摂取できる亜鉛、ビタミンB6にはタンパク質合成作用があり、毛髪の成長を促進します。

代謝改善には生活習慣の改善も大事です。睡眠は6時間程度は取りたいところです。。睡眠時間中に成長ホルモンが分泌し、毛母細胞の活性化を促進します。また、ウォーキングなどの適度な有酸素運動もおすすめです。

●ホルモンバランス改善
30代以降、女性ホルモンの分泌は減少しはじめます。女性ホルモンはコラーゲンを作ったり、細胞活性化を促進する作用があります。ホルモンバランスの改善には「イソフラボン」が有効です。植物エストロゲンと呼ばれ、女性ホルモンに似た働きがあります。大豆を含んだ豆腐、味噌、豆乳などに含まれています。

他にはプラセンタもホルモンバランスを改善する作用があります。馬や豚の胎盤から抽出されたプラセンタエキスを配合したサプリメントを服用することで、更年期の改善や細胞活性化を促進します。

●抗酸化対策
薄毛対策では活性酸素を阻害する事も重要です。活性酸素は加齢、ストレス、紫外線、喫煙などによって増加します。細胞にダメージを与えたり、血行不良を引き起こし、毛髪の成長を抑制します。抗酸化対策には酢酸トコフェロール(ビタミンE誘導体)、ローズマリーなどを配合した育毛剤が有効です。

また、食事での補給も大切です。ビタミンC、Eをはじめ、ニンジンなどに含まれているベータカロチン、鮭や蟹などに含まれているアスタキサンチン、トマトに含まれるリコピンなどには抗酸化作用があります。

●サプリメントで内側から対策
育毛剤と共にサプリメントを使用するのも薄毛対策におすすめです。サプリメントにはタンパク質合成をサポートする亜鉛や代謝を促進するビタミンB郡、毛髪の原料となるアミノ酸などを配合しています。さらに、ホルモンバランスを整えるイソフラボン、プエラリアミリフィカ、ザクロなどもあります。栄養分を体の内側から摂取することで育毛をしっかりサポート。

進行した女性の薄毛対策



薄毛が進行してしまった場合、女性用育毛剤だけでは改善するのが難しくなります。その場合は、医薬品成分やクリニックでの治療があります。ここでは進行した薄毛に使用される成分や薄毛治療について解説します。

●ミノキシジル
進行してしまった薄毛対策に推奨されているのがミノキシジルです。 ミノキシジルには血管を拡張し、血流量を増やす効果があります。その結果、毛乳頭細胞の働きが活性化して発毛を促します。ミノキシジルを配合した商品には「女性用リアップ」などがあります。

ミノキシジルには頭皮のかゆみ、かぶれなどの副作用があります。乾燥肌や敏感肌の人に出やすい副作用です。副作用が出た場合は使用を中止します。また、妊娠中や授乳中は使用できません。

その他、薄毛治療クリニックでは内服タイプのミノキシジルも処方しています。内服タイプは血液検査などをしっかり行ってから服用します。発毛効果は強めですが、多毛症などの副作用が報告されています。

●パントガール
パントガールは女性の薄毛を改善する内服薬として処方されています。皮膚科での扱いは少なく、薄毛治療クリニックでの処方がメインです。パントガールには糖質代謝作用のあるビタミンB1、髪の毛の原料となるケラチン、シスチン、細胞活性化作用のあるパントテン酸カルシウム、酵母が含まれています。3ヶ月の服用で抜け毛の改善を実感した人が多くいます。

●スピロノラクトン
スピロノラクトンは一部の薄毛治療クリニックで処方されています。ストレスなどによって発生するステロイドホルモンがレセプター(受容体)と結合するのをブロックします。ホルモンを改善する作用をはじめ、ニキビ改善効果や利尿作用、高血圧改善作用などがあります。ただ、スピロノラクトンには生理不順や不正出血などの副作用があります。

●メソセラピー治療
メソセラピーとは発毛促進カクテルと呼ばれる液体を頭皮から注入する薄毛治療です。発毛促進カクテルには毛母細胞活性化作用のあるIGFやFGFをはじめ、血管を拡張するVEGFなどの成長因子が含まれています。その他、血管拡張剤やビタミン、アミノ酸なども使用されています。1回あたりの治療費が高額になる為、しっかりと検討することをおすすめします。

女性育毛剤の使い方、購入時のポイントなど

女性育毛剤の使い方のポイント



1.アミノ酸シャンプーで頭皮を清潔にする
育毛剤を使用する際は、頭皮を清潔な状態にすることが大切です。そのためには、アミノ酸洗浄成分を配合したシャンプーをおすすめします。

洗浄力、脱脂力の強いシャンプーは頭皮の乾燥や炎症の原因となります。アミノ酸シャンプーは洗浄力はそこまで強くありませんが、泡が頭皮の汚れを取り除いてくれます。

洗い上がりもしっとりしているので、頭皮や髪へのダメージを抑えられます。しっかりすすぐことも大切です。

2.頭皮から水気をしっかり取る
シャンプー後はタオルで十分に髪と頭皮の水分を拭き取ります。それからドライヤーを15センチ程度離し、1箇所に集中しないように根本から乾かしていきます。

3.育毛剤をしっかり塗布する
薄毛がきになる地肌部分に育毛剤をしっかり塗布します。予防効果もあるので、薄毛部分だけでなく、全体に使用する事も可能です。液垂れしそうな部分は、一度手のひらにとってから塗布します。

4.マッサージをしてしっかり刷り込む
育毛剤を使用しながらの頭皮マッサージも重要です。頭皮マッサージをしながら育毛剤を擦り込むことで浸透をサポート。さらに、血行を促進作用もあります。ここでは簡単な頭皮マッサージのやり方を紹介します。

1.指の腹を使い首の後ろから頭頂部に向かって少しずつずらしながらマッサージ

2.耳の上、側頭部から頭頂部に指をつけたまま引き上げるようにマッサージ

3.頭頂部は指の腹でシワをつくるようにマッサージ

女性育毛剤は定期購入がお得



女性育毛剤は継続して使うことで効果を実感できます。 効果が実感出来るまでの期間は最低3ヶ月から半年はかかると言われています。 そこで気になるのが育毛剤のコスパです。通販の女性育毛剤は定期購入でお得になるサービスがあるので、しっかり育毛したいという方は定期購入を利用する事をおすすめします。

・定期購入のメリット
女性育毛剤の定期購入は、一定の期間おきに育毛剤を届けてくれるサービスです。 取り扱いサイトによって、1ヶ月ごとだったり、2ヶ月に1回のお届けもありますが、いずれにしても注文の手間もなく決まった日に商品が届きます。

女性育毛剤は使用量を守って毎日使わないと効果がないので、買い忘れの心配がない定期購入は助かりますね。定期購入の最大のメリット何といって割引サービスです。 商品によって割引率は違いますが、10%から30%ほど安く購入できるので、コスパも良くなります。

また、通常購入だと送料や代引手数料などがかかる商品が多いですが、定期購入だとこれらも無料になることがあります。 さらにプレゼントなど特典がついていることも多いので、料金面でかなりお得です。

・定期購入を利用するときの注意点
定期購入はお得というメリットがあるものの、利用する前には注意しなくてはいけないこともあります。まず、解約する場合に手続きが必要ということです。手続きは電話で行う事ができます。 もし1年使い続けても効果がないのであれば、残念ながらこの先使っていても効果は期待できませんから、こういった場合は定期購入を解約する必要があります。

解約はお届け日の10日前に連絡しなくてはいけない、決められた利用回数を満たしていないと解約できない、など手続きが細かく決まっています。 そのため、自分が解約したいと思ってもできないこともあるので、利用する前には解約条件をきちんとチェックしておきましょう。また、商品の箱や明細書なども必要になるため、破棄せず保管しておくようにします。

・通常購入の時に気をつけたいこと
価格が少し高くても必要なときに自分で注文する、という方は定期購入を使わなくても良いでしょう。女性用育毛剤は返金保証が付いているのが一般的ですが、商品によっては通常購入には返金保証がないこともあります。通常購入した場合、返金保証については気をつけてください。

女性育毛剤 よくある質問



Q. 男性用と女性用の育毛剤の違いはなんですか?

男性と女性では頭皮の状態、薄毛の原因が異なります。男性用育毛剤のほうがアルコールなどの清涼感のある成分が多く配合されています。頭皮が敏感な女性は女性用育毛剤の使用をおすすめします。

Q. 育毛剤はどのくらいの期間、使用したらよいですか?

育毛剤の効果の出方には個人差があります。早い人だと1ヶ月くらいで抜け毛の減少を実感する人もいます。ただ、髪の毛にはヘアサイクルがあり、休止期が3~4ヶ月あります。多くのメーカーでは6ヶ月は続けてみることを推奨しています。

Q. 産後の抜け毛に育毛剤は有効ですか?

産後の抜け毛にも育毛剤は使用できます。産後脱毛はホルモンバランスの影響を受け、産後3ヶ月から6ヶ月程度に現れます。抜け毛は数ヶ月程度でおさまります。数ヶ月で抜け毛が治らない場合、育毛剤の使用をおすすめします。

ミノキシジルを配合した医薬品「リアップ」の使用には注意が必要です。授乳をしている場合は、赤ちゃんに影響を与える可能性があり、使用できません。

Q. 円形脱毛症にも育毛剤は有効ですか?

円形脱毛症の原因はストレスなどによる自己免疫疾患です。そのため、皮膚科などの病院で治療する事をおすすめします。育毛剤自体は有効ですが、毛根へのダメージなどを止める事はできません。

Q. 女性育毛剤で白髪は改善しますか?

残念ながら、育毛剤は白髪に有効ではありません。白髪の原因は毛根にあるメラノサイトの活動低下にあります。育毛剤は血行促進作用などはありますが、メラノサイトには有効ではありません。

Q. ヘアカラーやパーマ中でも育毛剤は使用できますか?

ヘアカラーをした後、1週間程度は色落ちしやすい状態です。アルコール(エタノール)フリーのミューノアージュケノミカなどであれば大丈夫です。エタノールが入っている育毛剤は1週間程度は念の為に使用を控える事を推奨しています。

Q. 育毛剤と発毛剤の違いは?

育毛剤は医薬部外品、発毛剤は医薬品です。

育毛剤・・発毛促進効果、脱毛予防効果
発毛剤・・発毛効果、脱毛予防効果

発毛剤には医薬品成分「ミノキシジル」などが使用されています。効果は強めですが、頭皮のかぶれ、赤みなどの副作用のリスクがあります。乾燥肌、敏感肌の女性にはおすすめしません。

女性育毛剤 新着情報

「【2019年】女性育毛剤おすすめランキング | 抜け毛、薄毛対策にはコレ!」について
薄毛に悩む女性は600万人いると言われています。女性育毛剤が増えてきたのはココ数年です。これは女性の社会進出と大きな関係が有ると言われています。心理的、肉体的ストレスが増えることで血行が悪くなってしまいます。また食事についても栄養バランスが偏りがちです。お肉が増え、野菜が減ることで血中コレステロールが上昇し、血流が悪くなります。その結果、髪の毛の成長に必要な栄養が毛根まで十分に届かなくなります。育毛剤を使用することで血流を改善し、毛根を活性化してやります。さらに頭皮環境を改善する作用で髪の毛が成長しやすい状態に導いてくれます。ただ育毛剤も非常に増えている為、どれを選んでいいのかわからなくなります。このサイトでは口コミなどで売れ筋の女性用育毛剤をピックアップして徹底比較しています。
マイナチュレ
無添加にこだわった低刺激の育毛剤。有効成分で血行促進。さらに17種類の植物エキスで頭皮環境を改善。
ミューノアージュ
2つの育毛剤を使用。頭皮環境を整えながら、毛根を活性化。アルコールやパラベンも無添加で安心。
ビフォリア
血流改善作用の生薬、頭皮ケア成分などの育毛成分たっぷり。超微粒子化された成分がしっかりと浸透。